ベルタプエラリア 女性ホルモン エストロゲンとは?

ベルタプエラリア

ベルタプエラリア 女性ホルモン エストロゲンとは?

ベルタプエラリア 女性ホルモン エストロゲンとは?

女性は2種類の女性ホルモンを分泌します。

「エストロゲン」「プロゲステロン」
この2種類の女性ホルモンが魅力的なセクシーボディにしてくれるとても重要な要素なんですね。

 

ただ、生活習慣の乱れや、ストレスの影響などで女性ホルモンの分泌が弱い方や、
乱れている方など正常に分泌されていない方も多いようです。

 

そこでベルタプエラリアの出番なのですが、とりあえずこのページでは、「エストロゲン」
どのような働きをするのかを解説しようと思います。

 

 

 

公式ページはコチラ⇒http://belta-shop.jp/

 

 

「エストロゲン」は別名「美肌ホルモン」???

エストロゲンは女性ホルモンの代表的なホルモンで、別名「美肌ホルモン」、「卵胞ホルモン」と呼ばれ、
肌のハリや潤い、バストケアや美容など女性の体に嬉しい働きをしてくれるホルモンです。

 

エストロゲンは実際どんな働きをするの???

女性の皆さんはお気づきだとは思いますが、生理前より、生理後に自然と肌の調子が良くなりますよね。
それって月経〜排卵までの間はエストロゲンの分泌が盛んになっているからなんですって。
そんなエストロゲンが実際にどんな働きをするのか説明します。

 

1.女性らしい魅惑のボディラインを作り上げます。特に乳房や太腿、 腰の辺りの皮下脂肪を増やし、逆にウエストはくびれさせ、柔らかな曲線美で魅力的なセクシーボディにしてくれます。

 

2.「卵胞ホルモン」と呼ばれるくらいなので、女性の月経に深く関係していて、このホルモンが多いと妊娠しやすい身体と心に整えてくれる。

 

3.コラーゲンの生成を促がす働きもするので、艶やかでハリのある肌を保ってくれ、また体内に水分を溜め込むような働きもあるので、肌の潤いもアップしてくれます。

 

4.女性らしいカワイイ顔立ちにしてくれ、綺麗な髪を作り、量を増やしてくれる。

 

5.精神的にも心を穏やかにし、気持ちを明るくしてくれる作用を持つ。

 

6.お肌を綺麗にするだけでなく、血管をしなやかにし、コレステロールのバランスを保つ作用もあるそうです。また、血行を良くし、悪玉コレステロールを抑制する働きもしてくれるそうです。

 

 

エストロゲンを増やすには!?

ベルタプエラリア 女性ホルモン エストロゲンとは?


現代の女性達は、色々なストレスや忙しくハードな仕事を抱え、そのせいで「エストロゲン」の分泌量が減っている人が多いそうです。
では、エストロゲンの分泌を促がすにはどうしたらよいのか???
実はエストロゲンの材料って「コレステロール」なんですって!!!
コレステロールは身体に悪いイメージがあるますが、それは悪玉コレステロールが過剰に身体に溜まってしまったときのことで、
食べた食物のコレステロールがそのまま身体の中で悪玉コレステロールになるわけではないそうです。

 

エストロゲンを増やすには、卵を加熱したものを食べたり(温泉卵がベスト!)、
すりゴマ、大豆製品、山芋、またはザクロを摂取すると良いそうです。

 

入ってますね。ベルタプエラリアにもザクロが!ザクロには植生エストロゲンが大量に配合されているそうですよ!

 

もちろんプエラリアにも植生エストロゲン・イソフラボンが大量に含まれていて含有量は大豆のほぼ40倍なんだそうですよ!

 

ってことは、ベルタプエラリアには大量の植生エストロゲンが配合されているってことですよね!?

 

女性らしい魅力的な身体を手に入れるためには、ベルタプエラリアが最適ってことですね!!!

 

公式ページはコチラ⇒http://belta-shop.jp/

 

エストロゲン豆知識

卵巣の顆粒膜細胞、外卵胞膜細胞、胎盤、副腎皮質、精巣間質細胞で作られるそうです。
まず生まれてからすぐの時期、乳児期早期(1ヶ月から3ヶ月)の女の赤ちゃんは思春期並みにエストロゲンの分泌量が
多いそうです。しかし、2歳から思春期を迎えるまでは一旦分泌量が減り、その時の女性のエストロゲン分泌量は0.6pg/mlで、
男性は0.08pg/mlだそうです。もちろん女性ホルモンですから、女性の方が分泌量が多く、これが女性の方が男性より思春期が早い
原因なのだそうです。
思春期に入った女性は卵巣が発達しはじめ、すると同時に女性ホルモンの一つプロゲステロン(別名「ブスホルモン」)が増加しはじめ、
第二次性徴を促進させるそうです。
一気に女の子から女性の身体に変わる時ですね。このプロゲステロンは皮脂量を増やしたり、メラニン生成を活発にしますので、
思春期にニキビが多くできるのもこれが原因だったりするんですね。
そして更年期を迎えると徐々に分泌量が減って行きます。
また話が変わりますが、女性の尿にはエストロゲンが多く含まれているそうで、そのため下水処理場に大量のエストロゲンが溜まり、
環境ホルモンの環境への排出が問題になったことがあるそうですよ。

 

男性の場合、男性ホルモンのテストステロンが元になって、エストロゲンが作られるそうで、思春期になると男性ホルモンの
テストステロンが増えるのに比例して、エストロゲンの濃度も増えるそうです。
このときの両ホルモンのバランスによって、女性の乳房のようになる女性化乳房が起こることもあります。
確かに思春期の男の子でなっていた子がいた記憶があります。
そこまでならなくても乳首が腫れて痛くなっていた子などもいました。

 

ちなみにエストロゲンって身長の伸びを抑えてしまう作用もあるみたいですよ。女性ホルモンの分泌が早い女性は男性よりも早い時期に
身長が伸びますが、その分、骨端線を閉鎖させるのも女性の方が早いので、結果的に成人男性より女性の方が平均身長が
低くなるそうです。
また、エストロゲン作用しない男性の場合、身長が高くなりやすいそうです。

 

さらに近年の研究の結果、心臓の疾患に対して、保護効果があることが発見され、心筋梗塞などの疾患を防ぐ効果があると
考えられているそうです。